アイデアが出ない人、アイデアが広がる方法

自己啓発

私の実体験で、アイデア広がった経験をご紹介致します。

  • 人と実際に会う
  • 異業種交流をする
  • 本を読む
  • SNSで情報収集
  • YouTube
  • 大学生にアイデアを募集する

人と実際に会う

実際に人と会って話をしていると、自分の求めていない情報も入ってきます。

求めていない情報なので時間の無駄だと思う人もいると思いますが、求めていない情報だからこそアイデアのヒントになります。

自分が求めている情報であれば、ネットで検索出来ます。

アイデアは、今まで繋がっていなかった情報と情報繋がることでアイデアになります。

何気ない話から、話が繋がりヒントになるのです。

異業種交流をする

先ほどの人と実際に会うともつながるところがありますが、自分の視野の外からの情報が異業種交流で手に入ります。

異業種の人は、完全に異業種の経験のある人になります。

それぞれの業種のプロもいるでしょう。

そのような深い知識を持った人とは、自分の悩みや問題を話すとその人が解決できるサービスを持っていることもあります。

本を読む

本は、自分の欲しい情報をまとめて、深堀した情報を自分の疑似体験として取り入れることが出来ます。

本を読むのは、空いている時間でも、通勤通学の時間でも読むことが出来ます。

好きな時に読むことが出来ます。

スマートホンなどを見ていると注意されることもあるでしょう。

しかし、本だと仕事をしている時でも本を開いても誰も文句は言わないでしょう。

また、本だと付きなところに記入したり、マーカーを引いたり出来ます。

本を読みながら自分のアイデアもまとめることが出来ます。

SNSで情報収集

SNSでは同じ悩みを持った人たちからの情報を手早くつながることが出来ます。

同じ悩みを持った人と情報交換して、同じ悩みに対して取り組むことが出来ます。

YouTube

今やYouTubeは、さまざまな情報が動画として手に入ります。

ホームページなで検索するよりも、実際に行っている情報が手に入ります。

今やホームページ以上の情報がYouTubeにあります。

大学生にアイデアを募集する

大学生にアイデアを募集するのも1つの手段です。

特に頭の良い大学などにクイズ形式などで募集するのも良いでしょう。

現在の大学では、アプリやシステムの開発なども行っている学校もあります。

大学生たちは、自分たちの研究結果の実践の場を求めている場合もあります。

逆に、最新の情報や技術に取り組んでいることもあります。

若い大学生などの方が最新情報に敏感です。

アイデアの若返りには良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました