客観的に自分を見るには?

近況報告

ゴルフをやった事のない私が、来月ゴルフコンペに参加することが決まりました。

そこで、プロから指導をしてもらっている先輩社員から教わるようになりました。

その練習も今日で4回目です。

3回その先輩社員と一緒に行って、1回一人で練習しました。

その練習のなかで感じたこと。

それは、客観的に自分を見てもらうことで、自分では分からなかった悪いところが多くありました。

特に、始めたばかりの時には基本が身についていない時だからこそ重要です。

私がもしこのまま先輩社員と一緒に練習せずに自分一人で練習していたら、変なゴルフの打ち方が身についていたでしょう。

その変な打ち方のズレは、徐々に大きくなっていくでしょう。

これは、仕事にも言えるでしょう。

自分が良いと思ってやっていることも客観的に見たときに無駄なこと行っていることもあるでしょう。

その無駄も、些細な無駄であっても、その無駄を積み上げると大きな無駄になります。

例えば、1日1分の無駄をしていたとすると1年で365分。

365分は約6時間です。

1日の4分の1を無駄にしていることになります。

その無駄をなくすためにも、新しいことを始めるのであれば、経験者に自分自身をチェックしてもらうことをおすすめ致します。

他人に見てもらうことは、最初は恥ずかしいかも知れませんが、1度見てもらうとそのハードルも下がります。

1歩踏み出すことが出来れば、次もお願いできるようになります。

最初の1歩を踏み出す勇気が今後を大きく変えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました