社員のやる気を出す為の人事評価制度

Uncategorized

いろいろな会社で社員を評価するための人事評価制度などが様々存在するかと思います。しかし、どんな人事評価制度でも良いというものではありません。

新たに人事評価制度を導入したものの社員がやる気が出ない、逆に反発心が高まったなどもあると思います。そのようにならないために考えるべき注意点をお伝えいたします。

まずは、社員の立場に立って人事評価制度を考える必要があります。会社から社員に何を求めるのかが一致することが大切です。

会社が社員に求めることは分かると思いますが、評価制度を考えている会社側は意外と社員が何を求めているか分からなくなってきます。それは、自分が会社側で人事評価制度を考えていると「自分は社員のことを分かっている」と思っていても少しづつ抜けてい行きます。

社員が人事評価制度に求めること

自分を評価してもらう為の制度

社員が人事評価制度に求めることは、社員の自分自身を評価してもらう為の制度です。

どういうことかと言うと、どのような社員でも自分の評価を下げるためのことはしたく無いのです。成果を出している社員でも、成果を出していない社員でも評価してもらえると思っているのです。

その為、評価してもらえない制度は、その時点で社員からは反発の対象になります。ましてや、新しく人事評価制度を導入しようと思っている会社の社員は、人事評価制度自体に反発心を持っていると思った方が良いです。

大事なことは、出来なかったことを盛り込むのでなく、出来なかったことを出来るようになることを評価するようにします。そして、そのことを社員に事前にしっかり説明することが必要です。

評価制度が結果に反映されないと意味がない

次に人事評価制度を社員が受け入れたとして、その人事評価制度を社員が結果に反映されたと感じないと意味がありません。

これが一番大事です。

例えば、人事評価制度を導入して研修に積極的に参加することを評価するとします。しかし、研修に参加しても何の評価も受けていなければ、積極的に参加した社員のモチベーションは下がります。

実際に評価するといったことは、必ず評価して、報酬として支払う必要があります。

社員が人事評価制度に伴う成果を出した場合は、会社も社員に対して報酬を支払うのが普通です。たとえ、それば会社が思い描いた成果じゃなくてもです。

そうしなければ、評価制度を導入した会社は逆に導入した結果で社員のモチベーションを下げ、会社の成果も下がりことになります。

どうなったら給料がいくらになるのか

次は、長期的な視点です。

人事評価制度を導入するからには、1年だけの評価制度ではないでしょう。何年にも渡って活用していくものにしたいはずです。

そのためには、社員の成長に伴って社員を評価も成長できるようにします。

また、その社員がどのように成長した場合に、いくらくらいの給料がもらえるのかを一般の社員が見て分かるようにする必要があります。

どの役職のどの業務をやれると、給料がいくらくらいになるのか。それが社員の長期的なモチベーションにもなります。それが無ければ、社員は会社に希望を持てなくなります。

社員は、自分がどうなったらいくらの給料がもらえるのか不透明だと社員は不安に思います。社員だと経験あると思います。

昔は先輩社員がいい車に乗っていたり、いい時計をしていたりと頑張ればこんな風になれると言うものがありましたが、現在はそのような社員も少ないです。

だからこそ、会社がそれを示す必要があります。

今後は、どのような人事評価制度を作るかを解説したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました