上司に怒られない伝える力

自己啓発

自分の言いたいことを上司に報告する時に上手く伝わらないことありませんか?

時には注意を受けることもありませんか?

それは、あなたに原因があるかも知れません。

原因はあなたにあるかも知れません。

ズバリ原因は、

伝えることに遠慮して遠回しになっているからです。

きちんとに伝えないとと思うあまり、本当に伝えたいことがちゃんと伝えていないのです。

シンプルかつ最低限の言葉で伝える

本当に伝えたいことをストレートに伝えるように心がけてみてください。意外とその方が、シンプルに伝わります。

ストレートにとは、本当に最低限の言葉だけにするのです。

それ以外に言葉は必要ありません。

ストレスが軽減する

どうして欲しい、こうして欲しいなどもシンプルに伝えてください。相手もその方が、受け入れてくれます。そして、自分自身のストレスが軽減します。

気を使って、うまく伝えようとすると本当にして欲しいことと微妙にズレて伝わっていることや相手もズレて理解していることもある為、自分自身がストレスを感じているのです。

大幅に時間短縮になる

また、何より遠回しに伝えていた時間が、シンプルに伝えることで大幅に時間が短縮されます。

そして、相手からのレスポンスもシンプルに伝えた分、早く返ってきます。

上司に対してもこうして欲しいも伝える

上司こそお願いする時はシンプルに伝えてください。

目上の人だと遠慮しがちですが、上司にこそちゃんと自分のやって欲しいことを伝えると上司も自分自身も生産性が上がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました