仕事で成果を出すためにはプロを演じる

自己啓発

あなたが新人だとしてもベテランだとしてもお客様からするとあなたはプロなのです。

あえて新人感を出すときもあるでしょう。しかし、いつまでも新人のままではいけません。

そこで新人であってもプロを演じる必要があるのです。

プロを演じることで得れるもの

①お客様からの信頼感

②知識

③自己成長

です。

お客様からの信頼感

新人でもお客様の前に立つと、お客様からするとプロなのです。

新人だからとオドオドしているとお客様から信頼感を失います。

逆に堂々とプロの意見を言ってもらえるとお客様は安心します。

知識

プロとしてお客様の前に立つからにはプロとしての知識が必要になります。

お客様に間違った情報を伝えることはお客様の利益を損なう行為になります。

私は「知らないことは悪である」と思って仕事をしていました。

そのように知らないとお客様の前にプロとして立つからには、しっかりと自分自身が知識をつけてお客様のためになる必要があります。

自己成長

プロとして知識を身に着けることで自己成長に繋がります。

プロを演じるということはそれだけ自分自身に責任が伴うのです。

しかし、その責任の対価として自己成長を得ることが出来るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました