インプットよりアウトプットの方が大切

本紹介

自己成長を考えたときに多くの人は、本を読んだり、勉強したりすると思います。

本を読んだり、勉強をしたりすることはインプットになります。

インプットは自己成長をするにあたってとても大切です。

しかし、今回私はアウトプットの方が大切であるとお伝えいたします。

意外とアウトプットを行っていない人が多くいると思います。

そして、インプットしてもアウトプットできない人も中にはいます。

そのインプットは、全てが無駄と言うわけではないですが、結果としてインプットされていない、自己成長していないインプットになるのです。


学びを結果に変えるアウトプット大全

アウトプットの重要性について

先ほどもお伝えいたしましたが、インプットだけ行っても実際に行動、身につかないと意味がありません。

ここで認識して頂きたいのは、知っていることと出来ることは別であるということです。

簡単な例えでは、

挨拶は大事。ということを知っていても

実際にちゃんと挨拶出来ている人は、かなり少ないと思います。

実際にあなたの働いている会社や通っている学校などちゃんと出来ている人はどれだけいるでしょうか。

挨拶をしていない人、出来ていない人には様々な理由があります。

・朝が弱い

・挨拶しても挨拶が返ってこないから挨拶しない

・会社の役職が上がって、元気に挨拶する立場じゃない

などなどあると思います。

そこのギャップに知っていることと出来ることは別であるが隠れているのです。

結果として、インプットしている情報はインプットだけで生きたインプットになっていないのです。

インプットもとても重要です。

インプットが多い方が、ひらめきの材料になるので無駄ではありません。

しかし、今回はアウトプットの方が大事だとお伝えいたします。

もともとインプットも何をアウトプットするためのインプットだったのか。

インプットも目的がインプットであれば良いですが、アウトプットが目的のインプットだったのであれば、アウトプットあり機でのインプットを行う必要があります。

知っていることと出来ることは別であるのギャップを埋める訓練がアウトプットだと思います。

アウトプットを日々訓練することで、出来るに変えていくのです。

そして、アウトプットはインプットしたことを復習にもなります。

インプットしたことが血肉になっていくのです。

生きた知識にする方法が、アウトプットなのです。

アウトプットの方法

意外とアウトプットを行う場が少ない、行っている人が少ないと思います。

それはなぜか、なぜならアウトプットの方法がわからないからだと考えます。

ここでは、具体的にアウトプットの場を紹介します。

1.WordでもExcelでも、携帯のメモでも良いので文字にする

なんでも良いので文字にしてまとめることがアウトプットになります。

本当に何でも良いので、文字にすることは十分な訓練の場になります。

私は、それをブログで行うようにしています。

後で、見返せる方が頭の中の整理にもなり、あの時どんなことを考えていたのかも振り返れます。

2.SNSなどに投稿する

自分のアウトプットしたことを他人に見てもらうことで、自分の考えやアウトプットしたことを客観的に見ることが出来ます。

そして、他人が見るからちゃんとやらないといけないと思うのです。

3.YouTubeなどで動画投稿する

最近ではYouTubeなどで簡単に誰でも発信できる時代になってきています。

こちらでも他人が見ていることでちゃんとやらないといけなくなります。

動画にする良いところは、自分自身を改めて見れる点にもあります。

自分も気づいていなかった癖なども発見することが出来ます。

最後に

今の時代、様々なテクノロジーによりアウトプットの場が増えてきています。

また、そのアウトプットの場が新しいビジネスになることもあれば、

アウトプットした内容がビジネスになったりもします。

大事なことは行動することです。

そして、再度知っていることと出来ることは別であるを認識しましょう。

そうするとあなたは変われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました