100人に1人になるための行動

自己啓発

現在のコロナウイルスに伴い、より雇用及び会社経営などが厳しくなってきています。

そこで、今回は個人のスキルアップ、レベルアップをするための行動

100人に1人になるための行動を紹介します。

とは言え、100人に1人の人間になるのは簡単なことではありません。

質より量を求めよ

100人に1人になるためには、10,000時間を費やすと100人に1人と言われています。

ひとつの分野に

1日3時間 × 365日 × 10年 で 約10,000時間です。

1日6時間だとその半分の5年で約10,000時間になります。

ここでお伝えしたいのは、質より量と言うことです。

どういうことかと言うと、そんな10年も5年も時間かけれないよ。

私はもっと質の高いものを勉強して、すぐに100人に1人になると思っても、質の高いものを求めても、結果的に質が高かったのか、低かったのかは最終的な結果でしか分かりません。

それに100人に1人になることは、そんなに簡単なことではないということです。

本気で頑張って取り組んだ

1日3時間 × 365日 × 10年 で 約10,000時間で100人に1人になるのです。

あの幻冬舎編集者の箕輪厚介さんの「死ぬこと以外かすり傷」の本にも

「スピードは熱を生み、量は質を生む」という言葉があります。

量を求めていくと質に変わるのです。

今の時代、働き方改革などもあり量を求めにくい時代になってきています。

しかし、ならばプライベート以外の時間で量を求めれば良いのです。

仕事の時間以外に仕事のことをやってはいけないと誰が決めたのでしょうか。

会社と全く同じことが出来なくても、本気で取り組めることはたくさんあります。

今の世の中、無料で学べるものはたくさんあります。

迷っている暇があるなら、即行動しましょう。

まとめ

まとめると、即行動して、質より量を求めましょう。

スピード感をもって行動することが100人に1人になるための一つの方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました